高槻病院 関節センター センター長 平中崇文
HOME
ドクター紹介
活動実績
患者様へ
人工関節について
膝関節のお悩み
膝関節の治療について
股関節のお悩み
診療のご案内
お問合せ
手術に向けて
負担軽減のために 最新医療への取り組み
不安解消のために 安心のサポート体制
よくあるご質問
膝関節のお悩み
膝関節の治療について

膝関節の治療方法

手術による治療方法

自分の骨の変形を矯正する骨切り術や内視鏡(関節鏡)で処置する方法もありますが、根本的な変形は治りませんので、適応や効果は限定的です。関節の表面を金属で置き換える、人工関節手術が最も効果的です。

薬やリハビリによる治療方法

お薬、注射(ヒアルロン酸など)、リハビリ、装具などを用いて痛みを抑える治療を行います。ほとんどの患者様がこの治療の対象となります。しかし、原因となる骨の変形はそのままにしますので、完治することはありません。

手術による治療

人工膝関節置換手術

変形性膝関節症や関節リウマチなどで痛んだ骨の表面を削り取り、代わりに金属で覆う手術です。関節の接合部が人工物で覆われますので痛みがなくなり、また変形も矯正できるというメリットがあります。

人工膝関節全置換術(TKA)

変形した膝関節をすべて人工関節で置き換える手術です。

 

1.

膝関節の前やや内側を約8〜10cm切開します。
(ただし、膝の状態ではさらに数cmの切開を要することもあります。)

2.

膝蓋骨(膝の皿)の横を切開して関節の中を展開します。

3.

骨の端を人工関節の形状に合わせて削ります。

4.

人工関節と骨をセメントでしっかりと接着させます。

5.

人工関節の間に、インサートというプラスチックのクッション材を入れます。

6.

関節内にたまった血液を抜く管を入れて、傷口を縫います。

人工膝関節部分置換術(UKA)

膝の内側(または外側)だけが極端に傷んでいて、膝の靭帯がしっかりと効いている場合は、傷んだ側だけ入れ替える方法が可能な場合があります。こちらの方が、手術はやや軽くすみ回復も若干早くなります。しかしながら、膝の条件によっては、部分置換術を予定していても、途中で全置換術に変更しなければならない場合もあります。

1.

膝関節の前やや内側を約6〜7cm切開します。

2.

脛骨の内側の表面を削ります。

3.

大腿骨の内側の表面を削ります。

4.

膝の安定性を調べて、必要なら骨の削る量を調節します。

5.

人工関節と骨をセメントでしっかりと接着させます。

6.

人工関節の間に、ベアリングというプラスチックのクッション材を入れます。

7.

関節内にたまった血液を抜く管を入れて、傷口を縫います。

お問合せ

Copyright(c) Takafumi Hiranaka All rights reserved.